スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Twitterからの読書&DVD・映画


「マスカレードホテル」(東野圭吾著)
まぁまぁ~な感じだった。東野圭吾は、たま~に。(私的に)ハズレがある。これは、ハズレではないし、飽きずに読めたけど、最後は、「むむむ・・残念じゃ・・」と思ってしまった。最後は、こんなモン?って思っちゃうのよね~。

「ユリゴコロ」(沼田まほかる著)
いやぁ~。良かったです。この人らしく、暗いお話ではあるんだけど。今までのように、「何かのストレスの発散のようにしか思えない」ほどの暗いだけのお話ではなく、最後で少し光の見える内容だったからか、あれほど暗い内容なのに、読後感は、最高に爽快だったりするから、不思議。最後の場面で、車を見送りながら、一緒にウキウキしてしまう自分が、少し不謹慎に思えたり。「ああ~そういう事か」と、ポンと手をうってしまうと同時に、心がスッキリしたり。ともかく、暗い内容なのに(そればっかり)様々な感情が湧いてくる不思議な一品です。 

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』
トム様は、いささか年をとっていた。アンタ何歳なの??っていう位、筋肉隆々で、顔と体格がそぐわなくて、一時期のシュワちゃんみたい。でも、それでも、やっぱり、この人は凄い。トムくんが、こんなに命を賭ける役者さんになるとは正直、思わなかった。内容は、面白い。一瞬でも飽きさせない。特に「4」には、面白いキャラも加わって、今までにないコメディさもあったりで、楽しい。大満足の映画だった。

「アンダルシア 女神の報復」
私は、この黒田役の織田裕二が1番好きである。イタリアといいスペインといい、私好みのロケ地で、もう、それだけで合格点である。飽きさせないし、十分、楽しめる。

「アントキノイノチ」
(さだまさし著)
年末に読了。泣いた。さだまさしは、天才だと思った。主人公の心の成長も勿論いいが、「松井」というどこにでもいそうな人間の、ダークな部分に、ゾクリとした。昨年1番か・・・と思う位に泣いた。読了は爽やか。映画は、あんまり観たくないかな。さだまさし歌よりも、さだまさしの琴線に触れる事の出来る作品だった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

もふぁ

Author:もふぁ
夫&娘3人の5人家族。
ジュニアバドミントン 整理整頓 料理 
日々のおもしろいことを綴ります。

gleeブログはこちら

自己満足!gleeglee日記 →リンクあり!
http://ameblo.jp/mofafahana/

乳癌ブログはこちら

晴れ時々がんこはん →リンクあり
http://mofamofamofa.blog133.fc2.com/

ご訪問ありがとう~!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
8114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家族日記
354位
アクセスランキングを見る>>

当ブログは

リンクフリーですが、お知らせして頂けると喜びます。

ブログ村参加中です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。