スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しっかり者のハナッペ

 昨日、仕事中に、友人Aから、着信が何度も入っていた。
あまりに着信数が、多いので、「すわ、何事か!」と、
ちょいと仕事の合間を縫って、折り返し電話をしてみたら。

「ハナッペちゃんが、セブンイレブンに来てるよ」と言う。
セブンイレブンといえば、友人Aが、パートで働いているところだ。

時間は、16時過ぎ。
学校は、15時で終わり、今頃は学童のバスに乗って、
学童で、宿題をしているはずのハナッペである。

「え~!!!何でぇぇぇぇ~??」

小学2年生にして、コンビニでたむろしているのか、ハナッペ!!!!

「どーも、学童のバスに乗り遅れたらしいよ」

 バスに乗り遅れる、だぁ??
心配やら、何で、バスに乗り遅れんねん・・・と怒りで、
クラクラしていたが、何とか、気を落ち着ける。

「で、学童に自分で行こうとしたみたいで。途中、道がわからなくて、
コンビニに入って、道を聞こうと思ったみたい」

ここまで聞いて、
次に私を襲ったのは、
「ハナッペ、不安やったやろうに・・・」という、
何とも、優しい感情だった。
 バスに乗り遅れ、学童に行かないと!!という気持ちから、
日差しのキツイ中、えっちらほっちら、
ランドセル背負って歩いたかと思うと、
何だか、切ない気持ちになるではないか。

「ハナッペにかわってもらえる?」
 ハナッペも、きっと反省しているし、きっと不安で泣いただろう。
自分の幼少期を思い出し、自分が、もしバスに乗り遅れたら、
不安で不安で仕方なかっただろう・・・。
 ハナッペを怒らず、
すぐ、迎えに行こう!!

 涙を我慢して、
「ハナッペ」と優しく声をかけた。



「おか~さん???」


帰ってきたのは、予想を裏切って、非常に明るい声だ。
「学校で、ブランコで遊んでいたら、バスがいってしまったけん~。
学童まで歩きよってんけど、道が分からなくなってしまったけん~。
今から、行くけん~」


けんけんけんけん、うるさいわいっ!!
先ほどの、切ない感情は、ハナッペの底抜けに明るい声に、消え去ってしまい、
ふつふつとまた、怒りがこみ上げる。

「何が、ブランコやのん!ちゃんと、バス待っときなさいよ」

「ごめんなさ~い・・・。頑張ってバスを追っかけたけど、無理やったけん・・・・」

 バスを、必至の形相で追っかけるハナッペ。
想像して、
ハナッペには悪いが、ぷぷぷぷぷぷっと笑いがこみ上げる。

 今度は笑いを我慢して、友人Aにかわって貰った。

「ハナッペ、泣いてなかった??」

「うん、全然。あまりに普通に、学童の場所教えてっていうから、
普通に行かせていいのか・・と思ったけど。あまりに遠いし。電話してみたの」と友人A.

 学童に電話したら、
「お休みの連絡もないし、ハナッペちゃんもいないし、
2度、学校にも行ってみたんですけど。きっと、入れ違いだったんですね。」と言い、
セブンイレブンまで、お迎えに行ってくださるとの事だった。

 友人Aに、学童バスがお迎えにゆくことを話し、
重々お礼を言って、ハナッペに電話をかわって貰った。

「おか~さん、ジュースとお菓子勝買ってもいいと??」と、悪びれもせず言いやがるう。

「アホか。お金ないやろ。
アンタ、帰ったら、覚えときや

 何を覚えとくんや・・と言いたくなるような脅しをハナッペに言い残し、
私は、仕事に戻った。
 ハナッペが、こんな時間にコンビニ出没!!の一報に、私は、
驚き、心配したせいか、
もの凄く嫌な汗を全身にかいたようで、微妙に汗臭かった。

 心配していたスタッフに、事情を説明したら、
皆さん、良かった~と言い、
ついで、
「でも、しっかりしてるよね~」とハナッペを称えている。
 確かに。
2年生の私が、同じ状況なら、
大泣きしてる所を、学校の先生が見付け、事情を聞き・・・という流れになっただろうな・・・と思う。
 ハナッペのように、道も曖昧な学童へ歩いて行こう!!なんて、
絶対、思わないと思う。

 確かに、わが子ながら、
しっかりしているとは、思う。

 が!!!くれぐれも、バス待ちの時は遊ぶな!
バスに乗り遅れたら、担任の先生に相談するように!!

・・と、指導しておいた。

 ちなみに、学童にハナッペをお迎えにゆくと、
手には、ジュースのペットボトル。

「友人Aちゃんに貰った」というハナッペ。
「アンタ、まさか、ジュースくれってねだったんちゃうやろな」

「言ってないよ。ノド乾いたから、お水下さいって言ったら、
ジュースくれたけん。いっぱい歩いたから、
水筒の水がなくなったけん」と言う。

 本当に、しっかりしたもんである。

最近読んだブログを、不意に思い出す出来事だった。 
そのブログはコチラ

 何となく、自分の子供の頃が、そのまま、ハナッペに受け継がれているような気がするが。
当たり前だけど、自分と子供は違う。

 ハナッペは、私ほど、「頼りない、すぐ泣く小学生」ではないようだ。

・・・・というか。
 慎重派の私は、そもそも、バス待ちのときに、
その場を離れて、ブランコに興じたりしない。
 確実にバスに乗るために、お利口さんに、言われたところで待つような小学生だったから、
バスに乗り遅れる事態なんぞ、縁のない話である。
 
 そう考えると、
「しっかりしている」なんて事言われて、
「お・・?ハナッペは、しっかりしているのか??
怒るよりも、自分で歩いて学童に行こうとした行動を認めるべきなのか?」と騙されそうになったが。

 じっと確実にバスを待つ、慎重派の幼き頃の私の方が、
お利口さんであるといえよう。

 やっぱり、怒って、正解なのである。

良かったら、ポチッとお願いしま~す。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

フリーエリア

プロフィール

もふぁ

Author:もふぁ
夫&娘3人の5人家族。
ジュニアバドミントン 整理整頓 料理 
日々のおもしろいことを綴ります。

gleeブログはこちら

自己満足!gleeglee日記 →リンクあり!
http://ameblo.jp/mofafahana/

乳癌ブログはこちら

晴れ時々がんこはん →リンクあり
http://mofamofamofa.blog133.fc2.com/

ご訪問ありがとう~!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
9433位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家族日記
390位
アクセスランキングを見る>>

当ブログは

リンクフリーですが、お知らせして頂けると喜びます。

ブログ村参加中です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。