スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師走寒空 嗚呼切なくて

久しぶりの更新になってしまった。

師走というのは、忙しい。
アレやコレやとしなくちゃならんなぁ~と思っている時に限って、

お気楽パートの私の仕事は、にわかに多忙となった。

つまり、お産ラッシュの渦に、巻き込まれてしまったワケで。

 まぁ、お仕事があり、必要とされる事は、嬉しい事であるし。

何より、生まれたての赤ちゃんは、とにかく可愛い~ので、いいのだが。

それはいいのだが・・・・・

消化されていない、私の、「年末 TO DO」リストをため息混じりに眺める度、

(大袈裟かも知れないが・・・)(・・というか、完全に大袈裟なんではあるが・・・)

このまま、年を越せるのだろうか・・・・という焦燥感もしくは、恐怖心に襲われるのである。

 そんな中、リストの最優先事項が「クリスマス」である。

12月に入ってから、子供たちに、「サンタさんに何頼むの?」とリサーチを続けてきた。

母「ハナッペ、サンタさんに、何をお願いするか、決めた?」
ハナッペ「決まってないと。何でもいいと?」
母「何でもいいんちゃう?」

ハナッペ「お金いっぱい欲しい」
 まさかの、「金銭要求」である。
驚きはしたが、流石、私の娘である。
私も、サンタさんにプレゼントを願えるなら、迷わず「住宅ローン返済のお金」と頼む所だろう。
 しかし、ハナッペは、まだまだ幼きサンタ信者世代である。

母「何を、夢のない事言うてんねん!!
  そんなお願い事、サンタさんは聞いてくれへんで」
 
 ハナッペは、多少、不服そうであるが。
少し考えて。

ハナッペ「Wiiのゲームが欲しい」
 
 まさかの「高額商品請求」である。一人なら、ゲームソフト1本も可能だが、
娘3人平等に同じ金額のものを・・・と考えると、クリスマス予算オーバー確実である。


母「それは、ちょっと高過ぎるんちゃうか?サンタさん、そんな高いものくれへんやろ~」

 ハナッペは、若干、私を疑いの目で見た。

母「い・・いやいや。サンタさんの懐状況なんて、お母さん知らんけどな。
 でも、沢山の子供にプレゼントあげるから、そんな高いもんは無理ちゃうかな~・・・なんて」

 言い訳がましく言ってみる。

ハナッペは、不服そうに。

ハナッペ「じゃぁ・・・ぬりえがいい」

 おっ・・・かなりのプレイスダウンである。
「ぬりえ」だなんて、1冊、300円もしないではないか!
 母の言葉に、何かを感じ取っての、ハナッペの「妥協案」か。
そう思うと、(自分で言わせておいて何だが)切ない~気持ちになってしまった。

母「それは、安過ぎるんじゃない?
 もうちょっと高くても・・・」

母の言葉に、ハナッペが、すかさず。

ハナッペ「サンタさんは、何でもいいって言うたけん!ぬりえで、いいけん」

と言い切った。
 そして、紙に「ハナッペは、ぬりえが欲しい」と、書いた。

ハナッペに同調して、ワカちゃんアオちゃん「ぬりえが欲しい~」と言い、
娘3人のサンタさんへのプレゼントのお願いは、
 親想いの、「低額商品」におさまったのである。

 とはいえ、私も、鬼ではない。
結局、「ぬりえ」「色鉛筆」「ノート」
そして、ワカちゃんアオちゃんがはまっているパズルを購入し、セットにしてプレゼントにしようと決めた。

で、今日、仕事帰りに買い物に出掛けた。
 
色々買った後、アオちゃんワカちゃんをお迎えにゆき、
彼女たちの顔を見た瞬間、お調子ものの私は。

思わず・・・

「今日、新しい パ(ズル買ってん)

危うくパズル買った~!!!と大得意になって言いそうになってしまったのだ。

時に、驚くほどの(お菓子の匂いなどに発揮する)鋭さを持つワカちゃんアオちゃんが、
私の言葉を聞き逃さなかった。

「パ??」


 危険である。二人の目はすでに、「新しい」「パ」という言葉に反応し、輝きを帯びている。

「新しいパズル買ったと???」

 日頃、新しいキティちゃんのパズルが欲しい~!と訴え続け、
いつも適当に「また、時期がきたら買ったるよ」(時期って何の時期やねん)とあしらわれてきた双子ちゃんの、表情が明るくなり、
「新しいパズル買ったと?」という言葉は、喜びに満ち溢れている。

こりゃ、いかん!!
何としてでも、ごまかさねば。

私は、咄嗟に言い訳を二人に、伝えた。

「パ・・・パンツやん!新しいパンツを買わなアカンと思ってな」

 我ながら、咄嗟のフォローにしては、完璧である。
まだまだ、機転のきく36歳である。
 というのも、正直、二人のパンツは数あれど、ハナッペのお下がりで、
「ヨレヨレクタクタ色褪せパンツ」で、日頃から、「パンツ買わないとね~」と呟いていたのである。
(呟いてはいたが、行動には至っていない。まだいけるか・・・という貧乏根性が・・・)

 しかし、二人は、納得した様子もなく、首をかしげた。

 保育園のお迎えで、いきなり、なんで「パンツやねん!!」という非難の声が、
アオちゃんワカちゃんから、聞こえるようである。
 
 しばらく疑うような目で私を見ていたが、
アオちゃんが、

「パンツ、たくさん、あるけん」と私に言った。

「パンツ沢山あるけん、パズルがいいけん」と、私に懇願する。

 「クタクタヨレヨレ」のパンツよりも、パズルをご所望する二人。
何だか、泣けてくるではないか。

 パズルだけでも、車から取り出し、
二人に差し出したい気分に駆られた。
 二人がこんなにも欲しているパズルを、「サンタさん」から与えられるよりも、
私から、「ほれ、アンタたちが欲しいものは分かっているよ」と、
(母の威厳を保つためにも)私から、あげたい。

「いつもいつも欲しいと言っても適当にあしらうか、
聞こえないフリをするかの母が、実は、こうやって私たちの事を考えてくれている!!」と、
二人に思って貰いたい。

 私の言葉を待つ二人に、真実を明かそう!と思った時、
ワカちゃんの、冷静な一言が、私の頭に、ガガガン!という衝撃とともに、響いた。

「ワカちゃんのパンツ、破れてるけん。新しいパンツいるけん」

 


パ・・・パンツ、破れてるの???

母は、驚き過ぎて言葉も出ない。
保育園・駐車場。寒空の下で明らかになった真実である。

 放心状態の母を尻目に、ワカちゃんは、寒空の下で、
自分の服を一部、めくりあげ、
ズボンの下のパンツを、指一本で器用に引っ張り出した。

!!!

 何たる事か、ワカちゃんの指一本が、パンツの全面上部に、突き刺さっているではないか。
まさに、パンツの一本釣り状態である。
そう、ワカちゃんのいう「パンツの穴」が、そこに存在している証である。

「ココ、穴あいとるけん。パンツがいいけん」とワカちゃん。

すると、アオちゃんが、

「アオちゃんは、パズルがいいけん!!」と言い張る。

母が止める間もなく、二人の言い合いが始まった。

「パンツ!!」というワカちゃん。

「パズル!!」というアオちゃん。

「パンツ」「パズル」「パンツ」「パズル」


 師走。寒空。飛び交う「パンツ」&「パズル」

二人の切ないやり取りを眺めながら、
こんな言い合いをさせてしまった不甲斐なさに意気消沈してしまった私は、

「一卵性双生児といえど、パンツ派とパズル派に分かれるのね」などと思いつつ。

言い合う二人に、

「もう、どっちでもいいからさ、帰ろ~」と、これまた、
適当~な感じで、事態の収束をはかったのである。

まだまだ「パンツ」「パズル」と言い合う二人を車に乗せて、
自宅へと急ぎながら。

 早急に、パンツを買ってやらんば!!と心に決めた。

 「年末TO DO 」リストの最優先事項に、
とにもかくにも、

「ワカちゃんアオちゃんパンツ購入」と記入。

 サンタさんのプレゼントの一品にするかどうかは、
目下、悩み中である。


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

フリーエリア

プロフィール

もふぁ

Author:もふぁ
夫&娘3人の5人家族。
ジュニアバドミントン 整理整頓 料理 
日々のおもしろいことを綴ります。

gleeブログはこちら

自己満足!gleeglee日記 →リンクあり!
http://ameblo.jp/mofafahana/

乳癌ブログはこちら

晴れ時々がんこはん →リンクあり
http://mofamofamofa.blog133.fc2.com/

ご訪問ありがとう~!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
19504位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家族日記
630位
アクセスランキングを見る>>

当ブログは

リンクフリーですが、お知らせして頂けると喜びます。

ブログ村参加中です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。