スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にっくきマスカラ地獄

 11月誕生日の姉に、「何が欲しい?」と尋ねたら、
「マスカラ」と、答え やがった はった。

 この化粧超オンチの私に、よくまぁ、言えたもんである。

「マスカラって、睫毛にチョイチョイってする奴やろ?」と聞くレベルである。

まさか、嫌がらせか?妹イジメか?
 
「マスカラなんて、何がええんか、わからん」と、電話口で猛反発する私に、

まさに、寂聴さんが諭すようなお声で、
「何言うてんの?これを機会に、調べるんやないの」・・と答えた。


さすれば、アンタも、ちょっとは化粧に興味が沸くやろってなもんである。

まったくもって、有り難迷惑な話である。

「マスカラは、泣いたら、パンダみたいな目になるんや(そんなもんをワザワザ目につけて、何の得があると言うのか・・・ブツブツブツ)」と意見すると、

「いつ、泣くねんっ」と、おもいっきりツッコまれた。
  (ああ、これだから、大阪人は・・・・) 

まぁ、確かに、そんなしょっちゅう泣かないけどさっ。

 しかしまぁ、姉たっての希望なので、
まずは、職場で、リサーチ開始した。

最近のマスカラは、なんや、繊維が入っとるらしい

・・という情報を得て、終了。チーン

その後、ジャスコの化粧品売り場を浮遊してみた。ケータイで、
マスカラ口コミをチェックしたら、

「ランコム」とか、何やらカタカナの名前とか、「クリニーク」とか「アイマニア」とか、
書いてある。
 化粧品売り場で、それらの名を探すが、
いかんせん、それらは、一体、どこの会社に属するのか?と、パニックになってしまった。
 「かねぼー」なのか?「しせいどー」なのか?

そう。つまり、「しせいどー」の商品名みたいな感じだと、思っていたようである(←おバカ?)
(「しせいどー」の「まきあーじゅ」みたいな・・・)

 化粧品売り場をウロウロして、どうも、そういう感じではない・・と私も悟り始めた。

が、しかし。

ならば、そういった、外国製の商品は、いづこに売っているのだ??
 いっそのこと、恥を忍んで、このケータイを、見せて、
この商品おくれ・・・と言ってみようか・・と思ったが。

 いくらなんでも「しせーどー」の人に、
「ランコムのマスカラ下さい」って言うのは、どうかと思う・・・と思いとどまり。

一時、撤退の運びとなった。

 
 そして、その夜、パソコンでマスカラを検索。
検索すればするほど、判らなくなるのだから、化粧品の世界は、アリ地獄のようである。

 ココロは、「ランコム」で決まっていたが(始めに見たサイトのランキングで1位だったから)
「ランコム」のマスカラだけで、ピンキリで出てくる。
 高いのがええのか。
口コミサイトの順位と、楽天の売上順位が、違うってのも、
私を、困惑させる一つの要因でもある。
 口コミ順位も、サイトによって、違うのだから、更に、迷う。

「ユッキーナも愛用」って書かれても、
姉は、立派なアラフォーである。それって、どうなの?って感じだしさ。
「水に強い!」ってアピールされても、ウチの姉、プールに入るワケでもないし。
逆に、「水でサラって落ちる」ってアピールされても、
雨降ったらどないなんのよ?と思うし、そもそも、そこをポイントにして決めるってのも、おかしい話やん?
マスカラなんやから、睫毛をどうしてくれんのか??ってトコで、勝負かけてよね・・と怒りすら覚えたりするし。
「ロング&ボリューム」ってアピールされても、そないに、睫毛バサバサの姉って・・・どうなの?って感じやし。

 って具合で、タイムアップ。
マスカラ地獄を抜け出せないまま、夜更ししてしまった自分を、悔やむ。

そして、今朝。
 朝の準備をしながら、マスカラについて想う私。
そういえば、我が家にも、睫毛をくるっとさせるグッズがあった事を思い出し、
クリクリと睫毛をカールしてみた。

 うむ。確かに、目が大きくなったような印象を受ける。
 これに、マスカラなるものを、チョイチョイすれば、
更に、魅惑の瞳になるというのか。
うむむ・・・それは、試してみる価値ありか。

 姉のプレゼントの使い心地を聞いて、私も買ってみようかな・・・と思い、
お出かけ。

この日は、忙しい。

 ちらこちらへ出掛けた。

出掛けて、帰宅し。

 自分の睫毛状況をチェックして、しばし、絶句。

 すっかり、睫毛に気を取られていた私は、眉毛を描くのをすっかり忘れていたらしい。

 その上、この日に限って、前髪UP状態だった。

うぬぬぬぬっ。
どこまでも、にっくきマスカラめぇぇぇぇぇ~!!
恥をかかせやがってぇぇぇぇぇぇ~!!


 人は、これを、「責任転嫁」と呼ぶ。
果たして、
姉に、どんなマスカラ野郎が届くのか、乞うご期待である。

 というか、私の、この悪戦苦闘状況を知った上で。

「可愛い妹には旅をさせる」みたいな、
「可愛い妹を化粧品に目覚めさせる」みたいな、
実験的発言をした自らの浅はかな行動を、是非とも悔やんで貰いたいものである。


 そして、今夜も、マスカラネタで夜更かし大魔王。
にっくきマスカラ地獄は、まだ、終わっていない。
 そんな私に、ポチっとお願いします。

あ。。。ちなみに、おススメマスカラあったら、教えて下さい。
私は、口コミより楽天売上ランキングより、
そちらを信じます。

  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村









 
スポンサーサイト

自分に合ったものを。

 思えば、1年ほど前、私は、こんな気合の入った日記を書き残していた。

美への道のり

 この日記から、かれこれ1年。
その後、全く、この件に触れていないのが、怪しいのではあるが。

 大丈夫です。

ちゃんと、化粧水、ヌリヌリしてます。
乳液は、時たま、だけど。

 あと、化粧もしてる。
といっても、簡単化粧ですがね。

 私は、数十年、あらゆる化粧水を渡り歩きました。

美容に目覚めてみようかな・・・と思っては、お高いケア用品に傾倒し、
そのブームに冷めてしまう度、
「こんなんにお金をかけるのは、アホウだ」とばかりに、
お安いケア用品に走り込み・・・・

・・・を繰り返してきた。

 そんな、こと美容用品には、かなり飽き性な私が、
ここ数ヶ月リピートしているケア用品がある。


幼少の頃より成長するまで、共に「じゃがいも」のような、
化粧っ気・オシャレ気のない人生を送ってきたクセに、
いつの間にか、自分だけ、美容に目覚めた実の姉がいるのだが。

その姉が、「お手軽で良いケア用品があるで」とススメてくれたもの。



 化粧水とは思えない、しっとり感。
私は、長年、右瞼のカサカサ病に悩まされてきたのだが。
どんな高い化粧水を使っても、良くならず、
皮膚科で処方された軟膏なら効果もあるのだが、瞼が軟膏でテカテカするので、
薬用化粧水とかで、治らんかな~と思っていた。
 薬用化粧水も使ったけど、良くならず。

 それが、この「はしかた化粧水」を使い出して、
本当に、カサカサしなくなった。

 もう、それだけで、私がリピートする理由は、あるのだ。

あと、この「はしかた」シリーズで使用しているのは、



 化粧落としも、同じものなど使った事がなかったけれど、
これは、ず~っとリピして使ってます。


 あと、美容クリーム リップクリーム ハンドクリーム


 どれもこれも、私には、とっても合ってる気がする。
何がいいって、この、どれもこれもの、お手軽価格でしょう!

 私みたいな、美容にテキトーな人間には、これ位が、ちょうど良いような気がするんである。


 ちなみに、日々のお化粧は、
妹が韓国でお土産に買ってきてくれたBBクリームを愛用中。

 伸びもよく、簡単なので、忙しい朝には、
もってこい!
 その上、私は、ほんのちょっとづつしか使わないから、長持ちするねんで(←何の自慢??)

 ちなみに、
ヘアケアも、姉の家で使っていたものを、そのまま、真似して使用中。


 ヘアケア用品も、毎度、違うものを使用しておった、全くポリシーのない私でしたが、
これも、もうリピして使用してます。
 

 ってなワケで、前進しているのかどうか、謎ではあるが。

こうやって、自分に合うものを見つけると、
毎度毎度悩まなくていいし、
買って失敗!!って事もないしで、
いいな~と思う。
 ドラッグストアをアテもなくウロウロする事もなく、
化粧品屋さんで、キレイな女の人に捕まり、
のせられて、高額な金額を払ってしまう事もなく。

そういう意味では。 
相変わらず、さほど美しくも、オサレにもなっていないアラフォーではあるが、
実に、平穏である。

 
 化粧云々も大切だが、
この夜更しもどないかしないとな~と、思ってはいる夜更し大魔王の私に、
ポチっとお願いします。
   ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
 

 

クセ毛封じ込め作戦と、新常識

抗がん剤治療で、1度は失った、髪の毛。

丸坊主になった姿を鏡で見て、

「今度、生えてきたら、絶対、綺麗なロングにしてやる」と誓ったものである。

 その誓いを守るべく、髪の毛が、復活してからは、

今まで散々、髪の毛放任主義だった私とは思えないほど、

3ヶ月に1度は、カットをし、美容師さんには、

「ど~しても、ロングにしたいんです!!」とこの思いを、何度を言い渡し、

 やっと、今、耳下辺りまで、伸びてきている。

 しかし、ここで、私の、クセ毛が、悪さをするのだ。 
髪の毛が抜けたら、髪の質も変わる・・・とどこかのネットで読んだ気がして、
密かに、まっすぐなストレートになってくれたらいいのに・・・と期待していたが。

なんてことはなく、生える前と同様、同じ位置の同じ髪の集団が、
クセ毛となって、非常に鬱陶しい存在になっている。

 前髪一部が、横に流れるクセを持っている。それだけでなく、
流れて、先っちょは「くるり~ん」と渦を巻いてくれたりする。
 
結果、ちびまる子ちゃんに出てくる「花輪くん」みたいな髪型になってしまうんである。

最近では、職場のスタッフの方々に、毎朝、
「今日も、(前髪)気合入ってるね~」とか

「もふぁちゃんの前髪のくるり~ん具合で、今日の湿度がわかるね~」とか。

 簡単に言えば、馬鹿にされるんである。


 以前の私のように、何もセットしていなかったら、私も、
それくらいの辱めを受けよう。

し・か・し。

髪の毛を1度失った私は、

適当であろうとも。
格好だけ・・といわれようと。

 ともかく、毎朝、鏡の前に立って、髪の毛をセットしてるんである!!

朝は、大人しいクセに、何故か、職場に行ったころには、
「くるり~ん」と渦を巻く。

職場に入ると何らかの化学反応が起こってるんじゃないか・・と疑うほどである。

 ともかく、それなりに努力をしている私としては、
毎朝、自分のクセ毛が、湿度計代わりになるなど、ゆゆしき事態なんである。

 ということで、今朝1番、美容院で泣きついた。

そして、7年ぶりに、ストレートパーマをあててやった。
 頭がペチャンコになって、コケシみたいになる危険もあるが、
私の頭を我が物顔で、自由気ままに、「くるり~ん」しているクセ毛に、
ギャフン!!!と言わせたい。

そう、こやつらを、封じ込めてやるのだ!!!わははははははははははっっ

 ちなみに、私の通う美容院は、大人と一緒に子供を連れてゆくと、
子供カット・・ということで、無料で子供のカットをしてくれる。
 という事で、
ハナッペも、カット。
旦那さんが、何度も私に、「剛力彩芽みたいな髪型にしたってな」と言ってきた。

 旦那さんは、嫁のクセ毛云々の熱い訴えは、完全スルーであったが、
娘の髪型は、非常に気になるようであった。


  それはそうと、
その美容院で、

髪の毛のケアについて、色々、指導を受けた。

 髪の毛が復活したら、「髪の毛を労わろう」と誓ってきた私である。

「お風呂に入ったら、出来るだけ早く、ドライヤーで乾かしてくださいね。」

「あ・・・・は・・い」

「まさか、自然乾燥とかじゃないですよね」

どどどどきっっ・・・とりあえず、笑ってごまかす。

「あと、トリートメントはしてもらった方がいいですよ。シャンプーをして、トリートメントして・・・・」

へ????

「トリートメントしてリンスですよ」

そ・・そうなんですかい?

「トリートメントで、髪の毛を治療して、リンスでコーティングするんです」

そうなの?トリートメントとリンスって同じような感じじゃないの?
シャンプーして絵印すしてトリートメントじゃないの?

「シャンプーは、きちんと手であわ立てて、洗顔と同じような感じで、
泡で、頭皮を洗うんですね」

 シャンプーを手であわ立てる???

36歳にして、新常識を得た私。

 これって、常識なんやろか?

帰宅して、旦那さんに、トリートメントの順番を聞いたら、

普通に、
「シャンプーしてトリートメントしてリンスやろ?
トリートメントは髪の毛を治療して、リンスはコーティングするだけやろ。
大体、トリートメントって名前からして、そうやろ?」と、言われた。


 さすがは、
(嫁よりも、かなり)身だしなみに時間を費やす、ナウシカ・夢男である。

 ともかく、この新常識(ただの常識かも知れないが)、
今日から、早速実践しようではないか!!


まぁ、このレベルの私にとって。

綺麗な長いロングへの道は、なかなか険しいようであるが。

 
 湿度の分かるクセ毛を封印したことにより、
明るい未来が、拓けたような気になっているのも確かである。


 ・・・・・・美容師さんが、キレイにセットしてくれた今日だけ限定かも知れないが。

自虐日記から始まる「美」への道

 私は、美人が好きだ。
断然「可愛い」よりは、「美しい」人が好きだ。

例えば、ニコール・キッドマンは、
映画の内容はどうより、出てれば、それだけでいい。
 見ているだけで、ウットリする。
「ある貴婦人の肖像」なんてのは、
内容はどうであれ、ともかく、ニコール・キッドマンがこの世のものとは思えない程、
美しかったのだけは、記憶に刻まれている。

 あとは、キャサリン・ゼタ・ジョーンズも美しい。
映画「エントラップメント」での彼女は、最高に美しかった。
 ちなみに、この映画に主演のショーン・コネリーも、もの凄くセクシーだった。
「マスク・オブ・ゾロ」で初めて、キャサリン・ゼタ・ジョーンズを知った時の、
衝撃は忘れない。

 という具合に、ちょっと強そうで、美しい人が好きだ。
美しいけど、可愛い。
 「可愛い人」はどこまでいっても「かわいい」」だけど、
「美しい人」は、その中の瞬間瞬間に、「かわいい」が混在されている。

「ローマの休日」のオードリー・ヘップバーンよりも、
「風とともに去りぬ」のヴィヴィアン・リーが好き。

 こういう美人さん好みなので、そうそう簡単に、
「あの子美人~」などとテンションがあがる事はない。
 日本の女優さんでいうと、篠原涼子とか、米倉涼子が、
近いような気がするが、う~ん・・やっぱり、ちょっと違う。
 日本人なら、鈴木京香が好きかな。あと、中谷美紀が、
私の「うつくしい」部類に入るだろうか。


そういえば。
 私が、就職したはじめの病院の先輩に、
まさに、「ニコール・キッドマンか!!」と見紛う程の、美しい先輩がいた。
私は、18歳で、その時すでに、その先輩は30代半ばだったけれど、
本当に、美しかった。ちなみに、日本人です。
 私の嫌いなタバコを吸っていても、
「仕方ないわ。そんなタバコを吸ってるお姿すら、似合っているんだもの」と納得してしまう程なのだ。
 若かりし私は、
「ああ~。あんな大人の女性になりたいものよ」と夢見たものだが。
  30代半ばになって、その先輩の「美しい色香」が微塵にも、滲み出ていない現実に、
ガックリするのである。

 そんな私が、最近、テンションが上がった「美しいお人」

それは、ブータン国王妃。

いやぁぁぁぁ~。
お美しい!! お美しく、そして、可愛い。
 ニュースでお姿を拝見する度、ほぇ~と見とれてしまう。
その容貌だけでなく、立ち振る舞い・仕草・オーラが洗練されていて美しい。
 久しぶりに、ウットリする程の、「美しいお人」に出会ってしまった。

 あ・・ちなみに、ブータン国王も素敵。
ホント、美男美女で、見ているだけで、幸せな気分になる。

 そんな「お美しいお人」に憧れる、もう少しで36歳の私。
少し早い誕生日プレゼントとして。
和歌山在住の姉には、「肌を乾燥させなや~」と(高そうな)美容液&リップクリームを送って貰うほどに、
心配され。
 大阪在住の10歳も年下の妹からは「これなら簡単やから、化粧ちょとはしいや~」という上から目線的な言葉とともに、BBクリーム&かたつむりパックを頂戴する始末。
 
 毎年、誕生日に何欲しい~と姉・妹に聞かれても、
 「うん?文房具」と答えていた私であるが。

 最近の私は、ちょっと違う!
 
化粧も、「毎日」するようになったし。
前日なんて、化粧品に「1万円」くらい使ったし。
ちゃんと化粧水のあとには乳液してるし。

 という事で、上から目線の妹にも、「最近のおねえちゃんは違うんやで」と、
息巻いて抵抗してみたが。
「ど~せ、一時の話やろ~アハハハ」と、冷たくあしらわれた。
 言外に、「どうせまた、やらなくなるねん」という諦め感が漂っている。

 むむむむ・・・「そんな事にないわいっ!」と噛み付きたいが、
前科があるだけに、言い返せない。
思えば、大阪を去る時に、姉・妹に「化粧に目覚めるわ!」と誓い、3人で買い物に出かけたのは、
記憶に新しいが、あの時、私は34歳だった。
 あの時買った化粧品たちが、
もう少しで2年を経過する、この長崎の地で、大して量の減っていない状態で、収納されている。

化粧品って、賞味期限ってあるの??と、気になりつつ、
変色していないし、変な匂いはしないので。
とりあえず、再び、「美」に燃え始めた私は、使ってみていたりするが・・・。
  
 私は、常日頃、「私は、オシャレと無縁だしぃぃぃ~」といきがってきたが。
最近、職場で、昼休みに化粧を整えたりされる方々を見て、
「私も、歯磨きするだけじゃダメよね」と不意に思った。
昼休み、化粧を整える・・・そのアイテムは、化粧ポーチ!!

が、しかし!!
 化粧ポーチなんてものは、無い。
というか、あったとしても、そこへ投入する化粧グッズが、無い。
 家にある、口紅とか入れても、スカスカやし。
 職場の方々の化粧ポーチをのぞくと、無いやら、ずっしりと重そうだ。
何が、入ってるんだ??
 最大の、謎である。

見ていると、大概の方は、化粧ポーチを持っている。

つまり。

化粧ポーチをもっている事が「普通」であり、

ひいては、化粧する事が、「普通」なんである!!

 これは、(私にとって)驚愕の真実!
つまり、私は、「オシャレじゃないしぃぃぃぃ~」ではなく、
「普通でない」部類なんである。

 
 せ・・・せせせめて、「普通」の部類くらいに入らないといけない・・という危機感。
「普通じゃない、ノーメイク地味女」のまま、一生を終えたくない!!

という事で、朝晩と、鏡の前の滞在時間が長くなっている私である。

クローゼットを開ければ、グレーとか黒とか、地味~な色合いのものばかり。
必須アイテムは、ジーンズ。
 洗面所の引き出しを開ければ、「賞味期限」が心配になる、数少ない化粧品。
見下ろせば、双子出産のせいで(←言い訳)ぼこっと出てしまったウン段腹。

 現実を見ると、厳しい情勢ではあるが。
これを、直視し、私は、チェ~ンジ!!するのだ。キラリーン。
 
地味なノーメイク女で、一生を終えてもいいのか!! NO!        
遺影が、ノーメイクでいいのか!!          NO!
ムスメたちの母の記憶が、パジャマ&ノーメイクでいいのか!!      NO!
「夢見る夢男カフェ」で、旦那さんに「頼むから店に出てくれるな!」と懇願されてもいいのか!!   NO! 

ニコール・キッドマンになりたいとか、
キャサリン・ゼタ・ジョーンズになりたい!!というワケではないが。
 将来、娘3人と、
腕も組んで、ワイワイと、オシャレな街で、お買い物出来るくらいには、なりたいと

 ささやかに、願う私は、
化粧ポーチに、姉に貰ったリップと、ハンドクリームを忍ばせるところから、
チェ~ンジへの道を、ともかく一歩進んでみたりしている。

DSC_0401.jpg
 妹からの誕生日プレゼント。BBクリーム&かたつむりパック(韓国で購入)
パックはまだ試していないけど、BBクリームは忙しい朝に便利です。ありがとう!!
DSC_0402.jpg
 姉からの誕生日プレゼント。美容液とリップ。おまけの、ポストカード。
正直、はじめ、このポストカードに1番テンションあがった、文房具好きの私。
 だけど、この美容液は、もの凄く素晴らしい。少量なのに、どこまでも、伸びる。
こんな私でも、「すごい!!」と分かる逸品である。このリップも、もの凄くつけていて気持ちいい。
化粧初心者の私には、これ位、「うっすら色づく」位が、安心。ありがとう!!

 二人の(おせっかい&上から目線)な愛を無駄にしないよう、
次回、再会した時には、
「あの、自虐日記は、嘘ではなかった」と、思わせる私を、
お見せしたいと思います。


ランキング参加中。良かったら、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

フリーエリア

プロフィール

もふぁ

Author:もふぁ
夫&娘3人の5人家族。
ジュニアバドミントン 整理整頓 料理 
日々のおもしろいことを綴ります。

gleeブログはこちら

自己満足!gleeglee日記 →リンクあり!
http://ameblo.jp/mofafahana/

乳癌ブログはこちら

晴れ時々がんこはん →リンクあり
http://mofamofamofa.blog133.fc2.com/

ご訪問ありがとう~!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
9039位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家族日記
374位
アクセスランキングを見る>>

当ブログは

リンクフリーですが、お知らせして頂けると喜びます。

ブログ村参加中です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。